豊田おでかけ

地元民が教える!小原の紅葉と桜2022年の見頃!小原四季桜まつりのイベント、駐車場情報

Obara Shikizakura Festival Autumn leaves Cherry Blossoms

桜と紅葉が一緒に楽しめることで有名な豊田市の小原。

2022年の今年も、桜と紅葉のコラボイベント「小原四季桜まつり」が開催されます。

本記事では小原四季桜まつりについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

小原の紅葉と桜 2022年の見頃は?おすすめの時期を公開

小原は桜と紅葉が一緒に楽しめますが、

桜が満開なのは少しの間だけです。

小原の紅葉と桜が一緒に楽しめる時期の見頃:

11月中旬〜11月下旬

※気候により変動があり

あまり早いと、桜が蕾状態の場合もあります。

あまり遅いと、紅葉が終わっている場合もあります。

▲ある年の11月22日は五分咲き

▲紅葉はちょうど良い色づき

共演なので、どちらも満開!真っ赤!と言うのは難しいところなので、中旬〜下旬にいきましょう!




小原の紅葉と桜「小原四季桜まつり」開催期間

2022年も、小原四季桜まつりは2週間ほどの期間で開催されます。

小原四季桜まつり開催期間

2022年11月12日(土) ~ 2022年11月30日(水)

※昨年より1週間ほど短くなっています

 

 

小原の紅葉と桜「四季桜まつり」開催イベント情報

小原の四季桜まつりでは、例年露店が出店されます。

※感染症対策で昨年は出店減少

 

小原ふれあい公園

午前9時〜午後4時まで、イベントと露店が出店されます。

  • 11月12日…和紙のふるさと太鼓演奏
  • 11月12日…名古屋商科大学軽音部演奏
  • 11月13日…ミニコンサート
  • 11月13日…小原歌舞伎
  • 11月19日…ピアノコンサート
  • 11月19日…ミニゲーム大会
  • 11月20日…シキザクラヒーローショー

例年、五平餅などの地元名物・特産品がいただけます。

例:ふたごなし、小原のたまごなど

シャトルバスのメインの発着所となる会場。

※感染症対策で変更の可能性があります

 

川見四季桜の里

午前9時〜午後4時まで、地域住民による露店が出店されます。

地元住民の露店

  • あゆ塩焼き
  • 五平餅
  • ソーセージ
  • お土産

昨年・一昨年は感染症対策のため露店の出店はなく、

トイレと駐車場・自販機の利用しかできませんでした。

本年は露店も利用できる予定です。

※感染症対策により変更がある場合あり

 

小原交流館

昨年はオープニングイベントが開催されました。

※2022年の開催情報は決まり次第更新いたします。

 

▼2021年は、アニメ「シキザクラ」のイベントが開催されました。




小原の紅葉に便利な駐車場情報

小原四季桜まつりでは、川見四季桜の里が一番桜が多い美しいスポットです。

しかし、川見四季桜の里はイベント期間中は一般車駐車不可(身障者除く)となっているため、

近くの駐車場に止めて歩くか、他の会場から無料のシャトルバスを利用することになります。

 

無料駐車場情報

駐車場名

時間

料金

備考

1

小原和紙のふるさと9:00〜16:00無料105台

2

小原交流館9:00〜16:00無料119台

3

北部生活改善センター無料50台

4

北部生活改善センターは台数も少なく、大体満車です。

警備員がいて出待ちもできないので、早い時間帯でない場合は運が良くないと入れません。

 

有料駐車場情報

駐車場名

時間

料金

備考

1

小原ふれあい公園9:00〜16:001000円イベント開催期間以外は無料

2

3

4

ふれあい公園の駐車場の近くに、民間の1日500円の駐車場がいくつかあります。

 

◆ 瀬戸市を抜けて、藤岡から本道なので道路が大渋滞します。

 朝早い出発が良いでしょう。

 

◆和紙のふるさと駐車場がおすすめ!

和紙のふるさとなら駐車無料で、帰りに和紙美術館も見学できるのでおすすめです。

 

シャトルバス運行(9:20〜16:00)

◆川見四季桜の里⇄ふれあい公園(20分間隔)

◆川見四季桜の里⇄和紙のふるさと(40分間隔)




小原の紅葉・桜「四季桜まつり」アクセス、日程と場所

名称  :小原四季桜まつり

開催場所:

  • 川見四季桜の里(桜が一番綺麗なところ)〒470-0506 愛知県豊田市川見町
  • 小原ふれあい公園 〒470-0531 愛知県豊田市小原町 孫八456

日程 :2020年11月12日(土)~2020年11月30日(水)

開催時間  9:00 ~ 16:00

 

<アクセス情報>

電車アクセス :名鉄豊田市駅より、とよたおいでんバス小原・豊田線 上仁木行き(約1時間)

車でのアクセス:

  • 猿投(さなげ)グリーンロード「中山IC」又は、東海環状自動車道「豊田藤岡IC」より国道419号線を岐阜県瑞浪市方面へ直進15km(約30分)
  • 中央自動車道「瑞浪IC」より国道19号線市原交差点を明智方面へ、途中大川交差点で右折、国道419号線を豊田市方面へ直進約10km(約30分)

公式HP:豊田市小原観光協会           

 

小原の紅葉・桜の後、家族で楽しめる周辺スポット

小原の紅葉と桜を見たら、小原の楽しめるスポットにもよってみましょう。

道沿いにあるので寄り道しやすい場所をご案内します。

 

小原和紙のふるさと

シャトルバスの発着駐車場もある、和紙の総合施設です。

午前9時〜午後4時開館。

  • 小原和紙美術館
  • 和紙工芸体験館
  • 和紙とうるし工房

お昼ご飯も食べることができます。

葉すき体験で和紙を作ったり、うちわ等を作ることができるため、お子様も楽しめるスポット。

小原和紙のふるさと公式HP 

 

たまご村

濃厚さがたまらないと人気の新鮮卵が買えます。

お食事もすることができ、人気のスポットです。

なぜかウサギがいて、癒されます。




まとめ

小原四季桜まつりは、日本でも珍しい、紅葉と桜が綺麗に咲き誇るレアスポット!

桜はソメイヨシノと種類が違い、若干小さめですが、十分美しいです。

2022年はイベントも開催され、ようやく賑やかになってくる予定なので、

ぜひ桜と紅葉の共演を楽しみましょう♪

遠くの友達が来たときに連れていくと、いつも喜ばれちゃいます♪

以上、小原の桜・紅葉についてでしたー!

 

豊田市香嵐渓の紅葉についてはこちらの記事参照

スポンサーリンク

-豊田おでかけ

© 2022 日本どまんなか!地域ブログ Powered by AFFINGER5