ブログ関連

【対処法】ワードプレスのウィジェットがエラー!WP5.8へのアップデートが要因!?

突如ワードプレスのウィジェット画面がエラーで真っ赤に!

本記事ではそんな時の対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ワードプレスのウィジェットエラー

ウィジェットの画面が、上のように真っ赤になって見られない!という方は、原因はワードプレスのアップデートです。

ウィジェット管理のブロックエディタ化によってこのようなエラーが出ていると考えられます。

私の場合、WP5.8にアップデートをすると、このエラーでウィジェットの編集が一切できなくなりました。

プログラミングができる人は自力で直すこともできますが、一番簡単に直す方法は、プラグインを導入することです。

 

ワードプレスのウィジェットエラーを解決するプラグイン

このエラーを簡単に解決できるプラグインは、ワードプレスを作成しているチームが発行の「Classic Widjets」という公式プラグインです。

 

Classic Widjetsプラグインは従来のWordPress ウィジェット設定画面に戻してくれる機能があります。

ウィジェット管理のブロックエディターを無効化させることができるため、エラーは有効にするだけで簡単に戻すことができます。

ワードプレスの作成チームが作っているなら、安心して使用ができますね!

ワードプレス5.8にも完全対応されているので、エラーで困っている方は一度使用してみてください。

Classic widjets公式リンクはこちら

 

ウィジェットエラーはテーマによって異なる

ブロックエディタ化によるウィジェットのエラーは、どのテーマを導入しているかによって異なるようです。

そのテーマのウィジェットがまだブロックエディタに対応していない場合はエラーになります。

現在確認している、ブロックエディタ化に対応しているテーマは下記の通り。

ウィジェットエラーが出ないテーマ

<有料テーマ>

  • Snow Monkey
  • Nishiki Pro
  • SWELL

 

<無料テーマ>

  • yStandard
  • Cocoon

 

この中でも使いやすさからいってSWELLが一番おすすめです。

Classic Widjetの対応もワードプレスのチームによると2022年までと発表されています。

(状況によっては延長されることもあり)

 

テーマについて悩まれている方は、今後導入するならブロックエディタにも完全対応しているものがやりやすくなって行くでしょう。

かくいう私もAFFINGERを利用しているため、検討中です。

 

テーマも更新されていくものなので、他のテーマも人気のものは対応されて行くかもしれませんね。

 

以上、ワードプレスのウィジェットエラーについてでした。


スポンサーリンク

-ブログ関連

© 2021 Ayuminlog Powered by AFFINGER5